クーバーコーチング

クーバーコーチング練習メモ

最近、見学に行った時のメモ

この日はフットワークからのスタートで「お、珍しい・・・」
サイドステップ、バックステップ、ターン
その後、ボール使ってを縦、横、斜めへ運び〜ライン突破
同じモーションを繰り返すなかで、疲れてくるとボールコントロールに乱れがでて・・・「疲れたところでも、丁寧に!」「ライン突破までやりきれ!」

ハンドパスによる3vs3
ゴールはライン突破
ボールホルダーへのチャレンジ、スペース(マークを外す、裏をとる)コミュニケーションを要求されていた。
その後、足で同じ内容をやっていたけど、足のほうが良く回る

「ボールを動かそう、ボールが動いたら人も動こう」

途中出てきた現象(ワンツーへの対応)はフリーズして見本を示していました。



4vs4
赤赤のラインゴールは1点
黄黄にはポストプレーヤーが入り、当ててからの赤赤ライン通過は2点(ポストへのパサーとゴール通過する選手は別でもOK

20110117

コース(縦)を切るディフェンスとボールを”ずらし”てのパス
ドリブル突破からの1点狙いか当ててからの2点狙いか・・・


と、このブログをポストした後にJFA公認指導者向けのメールマガジンが届き、
このトレーニングと全く同じ内容が「2010ナショナルトレセンU-12より トレーニング抜粋」のVTRと「JFAアカデミー福島 トレーニング Vol.5-2」にありました。
指導者ライセンスをお持ちで、興味のある方はJFAコモンズの指導者ルームで御覧ください。






1年生から通ってきたクーバーも残すところ10回。

また、来月どこかで見学してこよう♪

クーバーコーチング:テーマはディフェンス


アップメニューは2人一組で向き合い、股下からボールを出してもらい反転してダッシュ。追いついたらプルプッシュ。
(その後、ドラッグプッシュ、インアウトのカットドリブル)

<今日のテーマ:ディフェンス>

2人一組:相手へパスを出して、寄せる練習
最初に言われていたのは「寄せるスピード」
ボールを楽にコントロールさせないよう素早く寄せる。
*奥側、ユーベユニ(=ケンシ)に寄せる選手はスピードが遅く、ケンシロウに楽にファーストタッチされてしまったのでリトライ。


次は体の向きと間合い。
ファーストアプローチでは、左右どちらへも対応できるように正対で寄せる。
最初から半身では背中をとられた時に対応できない。


ファーストタッチでなにもやらせないように寄せる。
(奥)寄せのスピードが良くなり、ボール奪取できそうだった。ケンシ(=ユーベユニ)が「背中を見せた時に寄せろ!」とコーチングの声。




変則4vs2
上の動画は赤がDF、黄色がOF(下は逆)
OF2人がダイレクトでパス交換、2人はパスをもらうようマークを外す動き。チャンスがきたらボールを受けゴールを目指す。
DFは正しいポジションを確保(1:インターセプトを狙う、2:裏を取られない、3:前を向かせない)する

ダイレクトでパス交換するのでなかなかパスを前線へ出せない
→前線は必死にマークを外そうとするが、外れた瞬間になかなかパスが出ない(出せない)
→パスが出てこないのでDFはボールを視野に入れながらのマンマークを続ける。
→パスが出ても正しいポジションを取っているので、インターセプトできるシーンが多かった。

パスがケンシに入ったところで、
「簡単にやらせない!」とコーチング。
OFも必死に入れたパス、インターセプト出来ずに入れられてしまったDFもさらに厳しく。
「前を向かせない!」


*正しいポジション
ボールが見える&マークにつく選手が見える。
裏をとられない近さでインターセプトが狙える。






ミニゲームもディフェンスがテーマだけど・・・w

クーバー練習(8/16)

お盆休み最後の日の月曜日。
朝は波乗りで地下道右、砂の付が良いのと潮がうまく動いていてイイ感じ。
昼間は学校のプール開放でチッチ・ガク・ゴウと。
湘南ねぎ家でラーメンを食べた後、夕方はクーバーの練習を見学。



アップメニュー:インサイド-アウトサイド-ローリング(だと思う・・・)



流れてスペースでもらう動き、ゴールを目指す体の向き(グッドボディシェイプ)、スペースへ運ぶファーストタッチ
コーチングの声は「首振りと状況判断」


田辺コーチ、早く治してくださいね♪

クーバー練習


パス&コントロール(1) パス→リターン→パス

20m×10m程度
A→Bへパス、B→Aへ落とし、A→Bへ預ける B→Cへパス・・・の繰り返し。
ポイント:パスを出した後の動き(サポート)



パス&コントロール(2) 3:1のボール回し

5m×5m程度
パスを出したら空いているマーカー(スペース)へ動く。
守備側は奪ったら即攻撃側へ(早い切替)

ポイント:パスを出した後の動き(スペース)

クーバーコーチング 練習メニュー

■オーバーラップ
ファーストタッチ/スペース/コミュニケーション
20100607
1:ファーストタッチと方向転換
・ボールの受け手は顔が上がったところで声、丁寧なFT
・すばやい方向転換から体重を乗せしっかり蹴るバックパス、出したら前へクイックに

2:オーバーラップ1
・丁寧なFTから横パス、パスを出したらオーバーラップ。
・横パスを受けたら前に運ぶFT、しっかり前方へパス。

3:オーバーラップ2(動画)
・横パスをだす時に意思表示「オーバーラップ!」→受け手はスペースをつくる為、内へボールを運ぶ。
・ボールを追い越す時に「ハイ!」「出せ!」の声
・横パスを受けた選手はオーバーラップする選手へパス。
 → C(DF役コーチ)の動き(スペースがどこにあるかに)よってパスをするかオーバーラップした選手をおとりにドリでボールを運ぶかを判断する。
・終わったら同じ色のマーカーに並ぶ

クーバー見学

a74245a3.jpg
止まってもらわない、出した後の動き。



写真は本文とは関係ありません♪

クーバー見学なぅ♪

8b9c0624.jpg

今日はゲームディ。

クーバー見学♪

f8e43f0e.jpg
半面で2対1。チャンスメイクして反対面のアタックゾーンで2対1。
前を向くことで、フリーの選手ができる。
フリーになる動きと動きだしのタイミング。
グッドボディシェイプとファーストタッチ、最後はシュート。
2:1


新学年になり16人。コーチはU10でお世話になったスクールマスター。今年一年よろしくお願いします♪

クーバー見学

6418098b.jpg
またまた見学してます♪

ケンシロウが通っているのは「ゆめが丘校」なんですが、そのゆめが丘駅が今日に限ってすごいことに!!切符売り場が長蛇の列!!
買うわけでもなく…

もしかして…


2月22日22時22分の発券狙い!?


帰りには判明するかw
2010022219440000



今日はゲームディみたい…
見学するなら練習がいいなぁ〜

クーバー見学

95b852c9.jpg
優先順位、判断。
チャレンジとカバー。
サポートの動き。

4vs4のポゼッション

で感じたこと・・・奪取した瞬間のボール保持者の判断の速さ、質。
で、他3人の動き。
1人はディフェンスの裏をとる、
1人は顔を出すかボールホルダーのスペースを造るおとりの動き、
1人はカバー。
常に攻守が切り替わる状況なので、この動きが見えてくると一瞬で数的優位に。

ケンシは月曜が練習日なんだけど、昨日は雨天振替日で参加。
僕も火曜は行ったことがなかったのでメンバーもわからずで見学。
中にかなり大きい子が3人ほどいて
「コイツはうまいなぁ・・・、どこの子だろう?  おーすげぇ・・・」
と思っていたら6年生なんだって!どうりで


先週の土曜日は自チームで4vs4を行いましたが、今日の見学を経て再度実施してみようと思います。
訪問者数




motion
スポ小(2年生時)

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
少年サッカーに関わるヒントが満載

人気ブログlivedoor

blogram投票ボタン

初の“入賞作品”

photolog
写真ブログ
iPhoto
本ブログパーツの提供を終了しました
記事検索
Recent Comments

大阪税理士が送るWroldCup


BeachTown
BEACH TOWN 静岡
お世話になっているサーフショップ

なかのひと

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

人気ブログlivedoor


  • ライブドアブログ