年末は大晦日まで仕事の為、年明けからの観戦です。
北東の風が強く、日差しが当たらないとめちゃくちゃ寒い1月2日の三ツ沢。
マサカコーチとアユムと一緒に観戦でございました。

25
第一試合は尚志-守山北の一戦。
お互いがボコボコ蹴る感じで「うぅ、、、」
結果は2-1で尚志。
この時点では「明日は桐光の方が上かな」と。

27
第二試合、大社−桐生第一は鈴木武蔵選手が注目の的。ゴール裏には青とオレンジで「歓迎、鈴木武蔵くん」の横断幕。
前半は大社のCB2人が頑張っていて、やらせてもらえない感があるも、気が付けば噂どおりの強さ。
速いグラウンダーに合わせて1点、ニアに入って技ありの1点、最後はペナの中、えぐってファールをもらってPKで1点。
背負って振りの速い左からのシュートも強烈。
それよりも彼を活かすゲームキャプテン14番が自在なポジショニングでお見事でした。


1月3日は藤沢でケンシと合流して早めに三ツ沢へ。
さすがに激混みで、かろうじてベンチ上最前列を確保するもあっという間にほぼ満席。
53
第一試合は桐光学園−尚志で、昨日の尚志を観た感じでは「尚志にはやらせないんだろうなぁ、、」と。
ところが、当たりが強いというか相手の球際の厳しさに、やれなかったのは桐光。
特に中盤での1vs1で完全に相手が上、結果的に縦タテに急ぐしかない感じ。
とは言え、セットプレーはお見事でスタンドも大盛り上がり。
15
感想としては「良くPKまでいけたね」
だいたいスタンドから審判へのブーイングがでるようでは、、、いかんのですよ。
っていうかベンチからも出てるようじゃ、、、残念でした。

でも来年は卒団生が入るし、応援します。
それよっか、もう一回母校を三ツ沢でみたなぁ♪

26
後味が悪い感じで第二試合。

結局、この試合が二日間観戦したなかでのベストゲーム。
桐生第一のテンポ速いパス、ダイレ-ダイレ-ダイレでタテもありヨコもありで崩す崩す。あれだけずらことができて、中盤から分厚くできれば強いでしょ。しかもターゲットもいるっていう。
「こういうのが観たいんだよねぇ」と親子で一致。
今日も14番のコントロールと7番のチャレンジがとても輝いていました。

初出場の桐生第一。
去年の久御山のような「俺、大好き!」のような一貫性は、まだ感じないけど
「強さ」って言うプラスがある気がします。
いいところまで行くんじゃないかなぁ。
20



それにしても写真が全滅w


少年サッカーブログ村