日曜日は「スポーツの秋」静岡プチトリップでした。
RIMG0166


ケンシがサーフィンに夢中になり始めて1ヶ月、それに引きずられるように僕も海へ入る回数が多くなってきました。
もともと静岡には楓が5歳、ケンシが2歳の頃に1年間だけ住んでいて、その1年間は僕の年間最高入水回数350日を記録する年だったわけです。
そんな生活でしたから家族で鹿島や片浜へ海水浴へ行ったり、ビーチタウンのBBQなんかには参加させてもらったりしていたんですが、こちらに住んでからは半年か一年に一度、一人で行くのがやっとでした。
そんな中、9月の終わりに静岡へ行ったときの話をしていて、
「静岡の波ってどうなの?フェイスはきれい?サイズは?」とケンシの中で「静岡の波」に対する憧れみたいなのができたみたいで・・・ならば連れてっちゃおうということで今回企画したのがの「スポーツの秋」静岡プチトリップです。
あまりサイズがありすぎても入れないし、全くなければポイント巡りで終わっちゃうし、と気をもんでいました。
土曜の夕方のワンラウンドを終えて波情報を見ると御前崎方面が軒並み高ポイント!森さんに電話して聞いてみたら「イイ感じですよ♪」とのことで静岡行きが決定♪

行くことが決まったのでケンシには"ビーチコーミング"とボロボロの"Suring a Go! Go!"で予習をさせておきました。
P1000065



日曜は5時に起床。
薄ら寒いなか準備して「板入れた、リーシュよし!お湯とタオル入れた、ワックスは?ある。よ〜し、出発だぁ!」とまだ夜が明けない鵠沼を5:30に意気揚々と出発したのでした。

「ケータイ情報だと、風もなくって腰・胸だって!イイみたいよ♪」「順調なら8時頃にはついちゃいかな?」などと話をしながら、辻堂、茅ヶ崎のポイントを横目に車を走らせます。

そして、ふと今回のもう一つの目的である「フルスーツオーダー」のことを考えた、その時・・・・


「やばい、ウェット忘れた・・・・うわぁ、昨日夕方入ったときにデッキに干したままだぁ」


自分のもケンシのも全て置いてきてしまったことに気がついたのでしたw

ちょうど馬入の橋を渡ろうかといった所で気がついたので往復のロスタイム30分。
茅ヶ崎から鵠沼へ向かうと朝焼けがとてもきれいでした・・・


ウェットを4着詰め込み気を取り直して再出発。

西湘大磯から「あそこの岩と堤防の間が“源二”ってんだよ。キレイにブレイクするんだぜ〜」とか教えてあげながら『自分がサーフィン時始めたころ、こんな風に子供とサーフトリップ行くなんて思いもしなかったよなぁ・・・』などとしみじみ思うのでした。
東名も順調で「ほれ、富士山キレイだろ!」と声をかける頃には、ケンシは後部座席で夢のなかでした。

いつも通りに富士川のSAで朝食(朝からラーメン)
P1000059


森さんとヤスくんに「今、富士川」と連絡。

NSA検定試験のジャッジをされるということで朝一から静波入りしている森さんからは「静波、イイですよ♪」とメールが入っていました。
飯も食べ、睡眠もとったケンシは「オレも前乗るわ」と期待が高まってきた様子で、助手席でGo!Go!の静波ポイントを確認していました。

「今、吉田。吉田港から見ていくね」とお二人と連絡を取り、
ケンシに
「今から吉田って所に行って、そこから静波、鹿島、片浜って感じで見てまわっていこうか」
「吉田ってポイント紹介ないよ・・」
「そう、漁港だからねw」
「えぇ、船にぶつかるじゃん。避けれねぇよオレ」
「船が避けてくれるから、大丈夫だよ!」
などとすっとぼけた話をしながら車は吉田の港へ。


こういったテトラの入ったビーチを目にするのは初めてじゃないかな?
RIMG0161
「あららダンパーだねぇ・・・イマイチかな。で、あっちが河口でもうちょっと先が静波」とか話をしているところへヤスが合流し、「静波行きましょうか?」と即決で移動。


新堤防(住んでいた時にはなかったんじゃないかなぁ??)
RIMG0169


右側ではNSA検定会が行われていて、旧堤防の方は見るからに混んでいます。
RIMG0167
*写真は帰り際に撮ったのでサイズはなく人も少ないです。


「片浜、鹿島も同じ感じだよね?・・・たぶん」
ということでこの新堤防左側のすいているところに入水。
RIMG0162


サイズはもも腰、腹くらい。ケンシにとっては肩頭?の感じかな。
駐車場はさすがに混んでいて、スケートしてる少年もいたりとさすが静波。ケンシは「スケボーもって来りゃよかった」とちょっと残念そう。


で、今回はヤスくんがキャスパーを貸してくれました。
「前さ、三枝さん乗りたいって言ってたっけ。おもしろいから乗ってみ!」ってありがとうね♪気が利くねぇ。
http://www.sei.info/SURFCONTENTS/simmons/
の右の板です。(実物の写真取り忘れた・・・残念

思いっきり雑に言うとロングボードのノーズから半分位で折れてしまったようなフォルムの板。
持った感じはスゴク軽い、ゲッティングでパドルするとケツがふ〜らふらw
案の定、テイクオフしようにも安定しなくておいてかれること2,3回・・・
ノーズからあごが出ちゃうくらいでパドル、テイクオフ!と思ったら左足(僕はレギュラーだから後ろの足)を着く場所がないw
見事に右足は板の上、左足は海の中・・・で大笑い。
なんとなくパドルも慣れてきて、立たないで滑ってみると・・・・うほぉ、ハヤイ!速い!でスタンドアップ、速っ!レールが入らなくて一苦労。
「下までぐわんと降りてから前足加重でいけるよ」とアドバイスもらってテイクオフ。
うほほぉ、面白い面白い。全く安定しないけどフェイス通りに滑ってくってかんじ(変な表現w)

一方、ケンシは黄色の板でサーフ。
湘南と違って整ったうねりが入りづらく、急にピークができる波なんて初めてだと思うけど果敢にチャレンジ!
頭の先っぽが見えるくらいのデカ目のに乗れちゃって、意気揚々とゲッティングアウトしてきます。
その後も何本かイイ波キャッチしてちょっとウレシそう。
1時間ほど入ったでしょうか?急にサイズダウンして1ラウンド目は終了。

10時ちょっと過ぎだし、まだ風も入っていないしってことでウェットのまま「y子」へ移動。
車を降りるまでもなく「へ????}

「ない、、、ね、、、」「うん、、、、ない、、、」

遠くの吉田も
「ない、、、ね」「うん、、、、、ない」


結局、再び静波へ戻って今度は旧堤防と女神の間くらいで入ることに。
膝からモモ、たまに腹位でさっきより整ってるけどたるい感じ。

ヤスくんはキャスパーで、さすがに上手い。
それを見たケンシは「カッコいい!」「上手っつ!!」

ケンシは今度は長い板でタルめの波へチャレンジ。
レギュラーの波をキャッチして過去最長のライディングを連発。
ヘロヘロになりながらゲッティングアウトしてきても顔はニコニコ。

で、放った一言がコレ。


「ここイイねぇ〜! 旧堤、サイコー!!」


これには僕もヤスくんも大爆笑w

先に上がるヤスくんに別れを告げてから更に30分くらいはやったかな?
タップリ2ラウンド3時間ほどで静岡のサーフィンは終了。着替えをしてもテンションの高いケンシ、十分に満足したかな?


着替えをしてから、検定の合間で抜けだしてくれた森さんに挨拶、ウェットの素材話を聞いて採寸し今回はノンジップでお願いしました。

「ケンシロウくん、サーフィン楽しい?練習すれば絶対うまくなるよ♪」「ハイ♪」みたいな会話もあり〜のでまた次回の静岡が楽しみになりました。


初めてのサーフトリップは「静岡いいねぇ〜」ということで帰路に向かうのでした。
RIMG0163


ヤス君、
今回もお付き合いありがとう!毎回毎回ですが、次回も宜しく。今度はフィッシュにのせてください♪
こちらへ来る時は連絡くださいね。

森さん、
毎度情報いただいてありがとう。今回は忙しいところに押しかけちゃって・・・次回はお店の方にも顔を出させてもらいますね!



「腹減った・・・・」と、焼津手前の安楽亭で焼肉ランチ
P1000062