アップメニューは2人一組で向き合い、股下からボールを出してもらい反転してダッシュ。追いついたらプルプッシュ。
(その後、ドラッグプッシュ、インアウトのカットドリブル)

<今日のテーマ:ディフェンス>

2人一組:相手へパスを出して、寄せる練習
最初に言われていたのは「寄せるスピード」
ボールを楽にコントロールさせないよう素早く寄せる。
*奥側、ユーベユニ(=ケンシ)に寄せる選手はスピードが遅く、ケンシロウに楽にファーストタッチされてしまったのでリトライ。


次は体の向きと間合い。
ファーストアプローチでは、左右どちらへも対応できるように正対で寄せる。
最初から半身では背中をとられた時に対応できない。


ファーストタッチでなにもやらせないように寄せる。
(奥)寄せのスピードが良くなり、ボール奪取できそうだった。ケンシ(=ユーベユニ)が「背中を見せた時に寄せろ!」とコーチングの声。




変則4vs2
上の動画は赤がDF、黄色がOF(下は逆)
OF2人がダイレクトでパス交換、2人はパスをもらうようマークを外す動き。チャンスがきたらボールを受けゴールを目指す。
DFは正しいポジションを確保(1:インターセプトを狙う、2:裏を取られない、3:前を向かせない)する

ダイレクトでパス交換するのでなかなかパスを前線へ出せない
→前線は必死にマークを外そうとするが、外れた瞬間になかなかパスが出ない(出せない)
→パスが出てこないのでDFはボールを視野に入れながらのマンマークを続ける。
→パスが出ても正しいポジションを取っているので、インターセプトできるシーンが多かった。

パスがケンシに入ったところで、
「簡単にやらせない!」とコーチング。
OFも必死に入れたパス、インターセプト出来ずに入れられてしまったDFもさらに厳しく。
「前を向かせない!」


*正しいポジション
ボールが見える&マークにつく選手が見える。
裏をとられない近さでインターセプトが狙える。






ミニゲームもディフェンスがテーマだけど・・・w